© 2017 by Le Coeur ltd. All rights reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

受講生の声

梅木 幸恵さん(中級コース卒業)

Q1.フィンガーフードをはじめたきっかけは?

佳枝先生のお料理レッスンに参加している友人より、山梨の白百合醸造様でワインに合うフィンガーフードのレッスンを開催すると教えてもらい参加したのがきっかけです。

見た目が綺麗でかわいらしく、食べても美味しいフィンガーフードにすっかり魅了されてしまいました。先生がプロフェッショナルを育成する為のコースを始められることを知り、このチャンスを逃すまいと申込をしました。

 

Q2.あなたにとって、フィンガーフードの魅力とは?

テーマに沿ってお料理をフィンガーフードとして並べることによって、ひとつの世界を作り出すことができることのおもしろさに魅力を感じます。

Q3.今後の目標、夢をお聞かせください。 

今回中級までのコースを終えて、フィンガーフードの講師として認定して頂けたことを大変嬉しく思っております。

タイミングよく地元のテレビ局からもお話を頂きまして、クリスマスのテーマでフィンガーフードをご紹介させて頂く機会に恵まれました。今後自身の開催する料理教室でもフィンガーフードを取り入れながら、ィンガーフードを沢山の方に知って頂ける活動ができたらと考えております。また2−3年後にバンコクへ戻る予定でして、以前現地で開催していた料理教室をまた再開したいと思っております。その際にはフィンガーフードを取り入れたおもてなし料理も開催したいです。また、パーティー需要の多い場所柄なので、ケータリングのお仕事につなげることができたらよいなぁと考えております。​

石田 百合子さん(中級コース卒業)

Q1.フィンガーフードをはじめたきっかけは?

ある日偶然、FBで友人が「いいね!」をした初級講座募集案内を見たのがはじまりです。案内にあったフィンガーフードの美しい写真を見て10秒で即決。(その数分後には満席になったそうですが)それは今でも素晴らしい決断だったと思います。

 

Q2.あなたにとって、フィンガーフードの魅力とは?

なんといってもおいしいだけではない、美しさと華やかさ。そしてあらゆる食材から作り上げられる豊かなバリエーションの可能性です。私は門前仲町で料理教室AlohaDays Kitchen(アロハデイズ・キッチン)を運営していますが、生徒さん達のフィンガーフードへの注目度の高さは別格!レッスンでは生徒さんの目が輝き、仕上がりに歓声が上がって撮影会がはじまります。フィンガーフードは、今やSNSになくてはならないフォトジェニックフードでもあるんです。

Q3.今後の目標、夢をお聞かせください。 

もっとフィンガーフードの世界を学んで、私が丸山先生から得た感動を今度は私の教室でたくさんの方達に伝えられたら嬉しいです。

久保 美紀 さん(中級コース卒業)

Q1.フィンガーフードをはじめたきっかけは?

既に、料理学校でのディプロマと、食育インストラクター等々、食に纏わる資格を取得していましたが、子育てにおわれてこの10年余り、活かせずに過ごしておりました。
子育てが一段落した今、スキルアップを望んでいたところ、佳枝先生のフィンガーフードに出会い、その美味しさとデコレーションの美しさに感動したことがきっかけです。

 

Q2.あなたにとって、フィンガーフードの魅力とは?

大学で美術(染織)を専攻していた自分にとって、手のひらに乗る小さな芸術作品を、色鮮やかな食べ物で創作できるクリエイティブな時間が喜びでした。また、それが見ても食べても美味しいという心身の栄養に繋がり、人々を豊かな気持ちにできることも魅力だと感じでいます。
 

Q3.今後の目標、夢をお聞かせください。 

フィンガーフードの見た目の美しさは食育の観点からも重要です。特別なパーティーシーンだけではなく、家族や友人との記念日など、子供から大人まで皆で楽しめるテーブルを提案できるサロンを開きたいと思っています。
また春からは上級コースで学び、いずれは自身でも認定講座も開講できるよう、努力を続けていきたいです。